きちんとした準備があれば家族葬・音楽葬は可能です

家族葬にはいくつかのルールがあるので一度調べておくのもいい

大切なご家族がなくなって、悲しみに暮れる暇もなくお葬式の準備に写真の準備、食事や祭壇のこと、など色々なことを考えなければいけなくなるので、遺族にはとても大変な時間でもあります。
ですが、最近は生前にご本人から家族葬にしてほしい、静かにゆっくりと過ごして自分のそばにいてほしい、という人が増えているということです。
家族や親族などの親しい人たちだけの小さなお葬式なので、葬儀にかかる費用も大きなものよりも比較的少なめですむので、そのことも考えてのものでもあるようです。

家族葬儀には隠れたルールがある

そして、この葬儀にはそのご家族だけで行うということなので、きちんとルールというものがあるということです。
まず、基本的に葬儀に出ていない人からはご香典をいただくことはないのです。
そして、ご仏前に供えるものもあまりいただくことはない、ということです。
どうしてもご仏前にお供えしたい、というときにはお花やお菓子、乾いたものなどがいいということですが、葬儀が終わってしばらくしたときに、会う機会があったとき、訪問する機会があったときに、手を合わせるか、お話をするくらいがいいのではないでしょうか。
葬儀のときに、よばれていないのに出席したりするのはルールというよりも、ご家族のことを考えるならしないように気をつけなければいけないのです。

家族葬を行う場所を考えておこう

家族葬は、小さな部屋を貸しきって行うこともありますし、家でゆっくりと行うこともあります。
費用などのことを考えてこちらを選ぶ方もいらっしゃいますが、どうしても亡くなった方とゆっくり過ごしたい、家族と大切な方のことを話して思い出を話したい、という人にはとてもいいものではないでしょうか。
家族葬でしてはいけないこと、というのは一般的に考えるとすぐにわかるものばかりなので、もしお身内で亡くなられた方がいてこのような形のお葬式をするときにはまずきちんと調べて失礼のないようにするといいのではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 eyermusic.com All Rights Reserved.