失敗しない家族葬のやり方

小さく家族葬儀を行いたい場合は?

家族だけでの葬儀がものすごく増えています。
通常の葬儀より安く済む、気を使わなくて済む等のメリットがあります。
専門の業者も最近は増えています。
大手の葬儀会社でも対応したプランがあります。
大手でも無視できないほど家族葬が一般的になったという事でしょう。

親戚からの要望もきちんと聞きましょう

しかし、昔はほとんど見られなかったのではないでしょうか。
それゆえに親戚などから「非常識だ」「訳ありに見られる」等の反対意見が出るかもしれません。
特に年配の方からは反対意見が出やすいと思われます。
それらの反対意見を上手く回避する事が成功の秘訣です。

きちんとした説明が大切になります

まずは日頃から家族だけで行いたいという事を周りに伝えておきましょう。
自分の葬儀でない場合は当人が家族だけで行いたいと言っていることをさりげなく伝えておきましょう。
本人が強く希望していると周りに理解させる事が重要です。
さすがに本人の強い希望であるなら、周りもとやかくは言いにくいでしょう。
文章で残しておけばより確実に説得できます。

家族葬を成功させるのは周囲と親族の理解

家族葬が今や一般的であると理解してもらうのも大切です。
日頃から家族葬をよく見かける、周りでそうする人が多いと話しておくと良いでしょう。
新聞やテレビ、インターネット等の情報を見せるのも説得力があります。
葬儀が決まり、回覧板を回す際の例文。
本人の強い希望により家族のみで執り行う事となりました。
の一文を入れておけばよほど親しい人以外はまず来ないでしょう。
家族以外は来ない前提なのですから、香典返し等も事前に用意しておく必要はありません。
後日お渡しすれば良いのです。
相手も分かってくれるでしょう。
しかし、いくら家族だけと言っても親戚の2~3人ぐらいは来ると思います。
それぐらいの人数ならむしろ来てもらった方が助かる事もあります。

Copyright(c) 2014 eyermusic.com All Rights Reserved.