賛美歌や音楽が流れるキリスト教葬や音楽葬

キリスト教式の音楽中心の葬儀

葬儀は宗教によってその内容が変わってきますので、ポイントを押さえておくことが大切です。
キリスト教では、故人に祈りがささげられ、残された者への説教が行われます。
受付で式次第や賛美歌などの印刷物を受け取ったら、目を通しておくようにします。

宗教によって葬儀で気をつけることは変わる

カトリックとプロテスタントでその内容は多少異なってきますが、御愁傷様です、といった仏教用語は避けて、お別れにまいりました、というような挨拶をするようにします。
席次や献花は仏式と同じ順です。
献花の際、カトリックの信者は十字を切りますが、信者でなければ黙とうするか一礼をするようにします。
また、キリスト教式では、生花以外の供物は贈れませんし、生花も教会の許可が必要なので、必ず確認を取っておくことが大切です。

賛美歌が流れる前夜祭

通夜にあたるのが、前夜祭とか前夜式と呼ばれる祈とう会です。
聖歌や賛美歌の斉唱、聖書朗読、説教、そして献花か聖水となります。
葬儀は教会で行われるのが一般的で、一般参列者は着席して棺、遺族の入場を待ちます。
そしてカトリック、プロテスタントのそれぞれの式次第に従いとり行われ、参列者の祈りや賛美歌の中で火葬場へと向かいます。
火葬場では炉の前で、納めの式が行われ、賛美歌を斉唱します。

自由な葬儀は家族葬儀の広まりで可能になりました。

このごろでは、葬儀にも自分らしさを出したいと考える故人や遺族も多くなってきており、特定宗教によらない自由な式が営まれるようにもなってきました。
また、密葬で行って、告別式はお別れ会などとして行われたり、無宗教葬のやり方は多種多様になってきています。
音楽が好きだった故人には音楽葬にしたり、山が好きだった故人には山岳葬にしたりします。
故人の人柄や生き方、趣味や業績を反映した、その人らしさの偲ばれる式になることを遺族や友人たち主催者側は願っているのです。

Copyright(c) 2014 eyermusic.com All Rights Reserved.